自動車保険の割引内容や特約について理解されていますか

自動車の事故は自分がどんなに注意をしていても防ぐことの出来ない事故もあります。
事故は損害を与えられた被害者も損害を与えた加害者も社会的、刑事的、民事的広い範囲で精神的物理的な被害を受けます。
万一に備えどこまで保険で備えていくのかが重要に成ってきます。
損害保険会社が提供する保健サービスも複雑多岐に渡っていて、PCとオンラインで見積もりを出さないと
保険料の産出はできないことになっていて、各種割引制度や保険適用に最優先される特約事項も沢山あります。
保険加入を募集されるセールスさんたちは募集人資格試験という保険の一般常識と
各種保険の商品ごとの専門知識をもって加入の際は説明があると思います。
ですが、加入される契約者はどれだけ加入内容を把握できているのか疑問です。
事故が実際に起きてしまって初めて、「特約に加入しておけばよかった」そんなことは日常的です。
1契約だけで家族全員が同じサービスを受けられるのに重複して保険料を支払っていたり
子供の就職で別居になった時の保障範囲であるとか重要な事柄は沢山あります。
自動車保険は掛け捨ての保険料を支払います。幸いにも保険を使わないに越したことはありませんが
折角高い保険料を支払って安心を買っているのですから無駄遣いを避けるためにも証券や約款をもう一度確認して起きたいものです。
多少でも加入している保険に理解があれは次回の継続のときに入りたい特約も発見できるし
募集人が契約者の立場にたって何を薦めてくれているのかが理解できる筈です。

車の運転をしようと思います

1年ほど前に新しく車を買い換えました。新しく買ったといっても中古車なのですが、今まで運転していた車よりも大きくなったため運転の苦手な私はまだろくに運転をしていない状態です。
なぜ車を買い換えることになったのかというと、子供が産まれてそれまで使っていた車が手狭になってきたからです。
やはり子供がいるとそれなりに荷物も増えますし、今後の成長のことを考えるともう少し大きい車に乗ったほうが良いんじゃないかと思いました。
本来であれば新車が欲しかったのですが、経済的に新車の購入はなかなか難しいと判断し、結果的に中古車を購入することになりました。
時間はかかりましたが、予算や車種の観点から自分たちの希望とする車が見つかって良かったです。
新しく買い替えた車は主人が主に運転しているのですが、車の大きさが以前より大きくなったことが怖く感じて、私はまだほとんど運転をしていない状態です。
今まで軽自動車しか運転したことがなく、どうしてもまた勇気が出ずに今日に至っている状況です。
しかし主人にも自分が疲れている時とかに交代して欲しいから、そろそろ運転して欲しいをせがまれている状態です。
いきなり運転して車をどこかにぶつけてしまってもいけないので、しばし運転の練習をしないとなと思っているところです。
交通量の多い道路を運転するのはまだ少し怖いので、簡単そうな道から初めて、車庫入れの練習も同時にしようかなと思っているところです。

方向音痴の私でも車の運転を楽しみたい

私は長い間会社勤めをしてきました。
地方に住んでいることもあり、通勤には車が欠かせませんでした。

また、時には仕事で車を使うこともありました。
車は生活に欠かせない必需品といった感じで、家から目的地までドアツードアで車を使っていました。

そのため、天候をほとんど気にすることなく、移動したい時に移動することができました。
車のおかげで少し遠い職場へも通うことができました。

私が住んでいる場所から車を運転して30分程度で海に行くことができます。
その為、時間がある時はよく海に行っていました。

若い時は夏の海水浴シーズンによく海に行きましたが、それを過ぎてからは春や秋に良く行くようになりました。
海はいつの季節に行っても、それぞれの表情があり、素晴らしい場所です。

私はいつも波の音を聴くと、とてもリラックスできて、日頃のストレスから解消されます。
車があったからこそ、こうした癒しの時間を持てたのだと思っています。

今は在宅で仕事をするようになり、車に乗る機会もかなり減ってしまいました。
それでも自宅に車があるので、用事がある時はたまに乗っています。

普段は運動不足解消のために歩きや自転車が多い今の私ですが、車ならではの充実した時間も良いと思っています。
ただ一つ、私がかなりの方向音痴なので、1回で目的地に着くことができないことが多くあります。

それを家族に注意されるたびに、やはり車の運転は一人で気楽に乗りたいと思ってしまいます。
方向音痴でも車の運転を楽しみたいものです。