「車検を受けたので故障はしない」の誤解

新車(自家用常用)を購入すると先ず1ヶ月目だいたい1000km付近の走行距離で新車点検を行います。
それから6ヶ月頃に半年点検を購入店から案内されると思います。
この辺までは部品を除く整備料は無料で点検を行ってくれる販売店が多いと思われます。
さて1年点検から法定点検として有料点検が始まります。
すると途端に走行距離は少ないし調子が良いので点検を行わない使用者が増えてきます。
法定点検と言われているだけに自動車の使用者は公道を走る以上、整備を怠らない義務があります。
法定点検を受けていないからということで罰せられることはありませんが
このことが後にいろいろなトラブルに繋がります。
さて法的に罰せられるのが車検制度です。自家用乗用車では3年目に、以降2年毎に車検が強制的に義務化されます。
ここで誤解なのですが、車検を受けてさえいれば整備を怠っていないと思われていることです。
実際にこれは危険な行為なのです。
自動車ディーラーなど運輸省指定工場と言われるところで車検を受ける場合には
車検で必ず行うべき交換部品や整備箇所があり「分解整備記録簿」に基づいて法的に整備を行います。
ですので車検代金が高くなる要因にもなっているのですがその分安心ができます。
しかし車検制度自体は運輸局のテストコースさえ合格で通過すれば修理の必要はないのです。
「前車検後整備」といいます。ですから安い車検代行サービスが存在するのです。
車検を受け終わったのに次の日に故障なんて当たり前のことです。
法定点検をしっかりと受けていれば車検は安く済みます。義務もきちんと果たしているわけですから
車検よりも法定点検の方を重要視される考え方が正しいと言えるのです。

大きな車がほしくてヴェルファイアを購入

以前から大きな車、特にワンボックス車に乗りたいと思っていました。ワンボックス車はたくさんの人が乗れますし、荷物も多く乗せる事が出来ます。多趣味である私は、大きなワンボックス車がほしかったのですが、経済的な事を考えて購入する事は控えていました。35歳を過ぎた時に、私の中で考え方が変わりました。人生は一度きり、後悔するくらいならチャレンジしてみようと思ったのです。セダン車を売って、ワンボックス車に乗り換えようと思い立ちました。セダン車を下取りに出して、ヴェルファイアを購入する事に決めました。以前から付き合いがあるトヨタのディーラーに相談して決めたのです。新車がほしかったのですが予算を大幅にオーバーしてしまう事が理由で、程度の良い中古車を探してもらいました。2週間ほどで走行距離が9000キロ、1年落ちのヴェルファイアを紹介されました。新車よりも値段は安かったのですが、下取りに出したセダン車が思った以上に安かったので悩みましたが、購入を決断しました。8人乗りのヴェルファイアで、家族で遠出などする時には本当に便利です。私の趣味であるサーフィンのボード、スノボードの板も余裕で乗ります。運転も楽ちんで、セダン車よりも疲れる事が無くなりました。ただ、燃費が良くない事、保険が以前よりも上がった事などトータルのランニングコストは以前よりも上がりました。ガソリンも最近は高いので、低燃費走行を心がけ日々走っています。でも、ヴェルファイアに乗り換えて本当に良かったと実感しています。以前は友人などと一緒に遊びに行く時は2、3台の車を使っていましたが、現在は私のヴェルファイアで出かける事がほとんどです。ヴェルファイアのおかげで友人との親睦もさらに深まっています。

自動車保険の割引内容や特約について理解されていますか

自動車の事故は自分がどんなに注意をしていても防ぐことの出来ない事故もあります。
事故は損害を与えられた被害者も損害を与えた加害者も社会的、刑事的、民事的広い範囲で精神的物理的な被害を受けます。
万一に備えどこまで保険で備えていくのかが重要に成ってきます。
損害保険会社が提供する保健サービスも複雑多岐に渡っていて、PCとオンラインで見積もりを出さないと
保険料の産出はできないことになっていて、各種割引制度や保険適用に最優先される特約事項も沢山あります。
保険加入を募集されるセールスさんたちは募集人資格試験という保険の一般常識と
各種保険の商品ごとの専門知識をもって加入の際は説明があると思います。
ですが、加入される契約者はどれだけ加入内容を把握できているのか疑問です。
事故が実際に起きてしまって初めて、「特約に加入しておけばよかった」そんなことは日常的です。
1契約だけで家族全員が同じサービスを受けられるのに重複して保険料を支払っていたり
子供の就職で別居になった時の保障範囲であるとか重要な事柄は沢山あります。
自動車保険は掛け捨ての保険料を支払います。幸いにも保険を使わないに越したことはありませんが
折角高い保険料を支払って安心を買っているのですから無駄遣いを避けるためにも証券や約款をもう一度確認して起きたいものです。
多少でも加入している保険に理解があれは次回の継続のときに入りたい特約も発見できるし
募集人が契約者の立場にたって何を薦めてくれているのかが理解できる筈です。

車の運転をしようと思います

1年ほど前に新しく車を買い換えました。新しく買ったといっても中古車なのですが、今まで運転していた車よりも大きくなったため運転の苦手な私はまだろくに運転をしていない状態です。
なぜ車を買い換えることになったのかというと、子供が産まれてそれまで使っていた車が手狭になってきたからです。
やはり子供がいるとそれなりに荷物も増えますし、今後の成長のことを考えるともう少し大きい車に乗ったほうが良いんじゃないかと思いました。
本来であれば新車が欲しかったのですが、経済的に新車の購入はなかなか難しいと判断し、結果的に中古車を購入することになりました。
時間はかかりましたが、予算や車種の観点から自分たちの希望とする車が見つかって良かったです。
新しく買い替えた車は主人が主に運転しているのですが、車の大きさが以前より大きくなったことが怖く感じて、私はまだほとんど運転をしていない状態です。
今まで軽自動車しか運転したことがなく、どうしてもまた勇気が出ずに今日に至っている状況です。
しかし主人にも自分が疲れている時とかに交代して欲しいから、そろそろ運転して欲しいをせがまれている状態です。
いきなり運転して車をどこかにぶつけてしまってもいけないので、しばし運転の練習をしないとなと思っているところです。
交通量の多い道路を運転するのはまだ少し怖いので、簡単そうな道から初めて、車庫入れの練習も同時にしようかなと思っているところです。

方向音痴の私でも車の運転を楽しみたい

私は長い間会社勤めをしてきました。
地方に住んでいることもあり、通勤には車が欠かせませんでした。

また、時には仕事で車を使うこともありました。
車は生活に欠かせない必需品といった感じで、家から目的地までドアツードアで車を使っていました。

そのため、天候をほとんど気にすることなく、移動したい時に移動することができました。
車のおかげで少し遠い職場へも通うことができました。

私が住んでいる場所から車を運転して30分程度で海に行くことができます。
その為、時間がある時はよく海に行っていました。

若い時は夏の海水浴シーズンによく海に行きましたが、それを過ぎてからは春や秋に良く行くようになりました。
海はいつの季節に行っても、それぞれの表情があり、素晴らしい場所です。

私はいつも波の音を聴くと、とてもリラックスできて、日頃のストレスから解消されます。
車があったからこそ、こうした癒しの時間を持てたのだと思っています。

今は在宅で仕事をするようになり、車に乗る機会もかなり減ってしまいました。
それでも自宅に車があるので、用事がある時はたまに乗っています。

普段は運動不足解消のために歩きや自転車が多い今の私ですが、車ならではの充実した時間も良いと思っています。
ただ一つ、私がかなりの方向音痴なので、1回で目的地に着くことができないことが多くあります。

それを家族に注意されるたびに、やはり車の運転は一人で気楽に乗りたいと思ってしまいます。
方向音痴でも車の運転を楽しみたいものです。