「車検を受けたので故障はしない」の誤解

新車(自家用常用)を購入すると先ず1ヶ月目だいたい1000km付近の走行距離で新車点検を行います。
それから6ヶ月頃に半年点検を購入店から案内されると思います。
この辺までは部品を除く整備料は無料で点検を行ってくれる販売店が多いと思われます。
さて1年点検から法定点検として有料点検が始まります。
すると途端に走行距離は少ないし調子が良いので点検を行わない使用者が増えてきます。
法定点検と言われているだけに自動車の使用者は公道を走る以上、整備を怠らない義務があります。
法定点検を受けていないからということで罰せられることはありませんが
このことが後にいろいろなトラブルに繋がります。
さて法的に罰せられるのが車検制度です。自家用乗用車では3年目に、以降2年毎に車検が強制的に義務化されます。
ここで誤解なのですが、車検を受けてさえいれば整備を怠っていないと思われていることです。
実際にこれは危険な行為なのです。
自動車ディーラーなど運輸省指定工場と言われるところで車検を受ける場合には
車検で必ず行うべき交換部品や整備箇所があり「分解整備記録簿」に基づいて法的に整備を行います。
ですので車検代金が高くなる要因にもなっているのですがその分安心ができます。
しかし車検制度自体は運輸局のテストコースさえ合格で通過すれば修理の必要はないのです。
「前車検後整備」といいます。ですから安い車検代行サービスが存在するのです。
車検を受け終わったのに次の日に故障なんて当たり前のことです。
法定点検をしっかりと受けていれば車検は安く済みます。義務もきちんと果たしているわけですから
車検よりも法定点検の方を重要視される考え方が正しいと言えるのです。